TDD(テスト駆動開発)で野球上達(1)

技術責任者のM.S.です。
技術っぽいことと野球について主に書いていく予定です。

当面、TDD(テスト駆動開発)で行う野球の練習方法について書いていきます。

ちなみに、TDDとはテストコードを書きつつ開発を行い、開発が完了した時点でテストがすべてOKになるように実コード(ここでは成果物となるコードを示します)を書いていくという手法です。

通常は設計⇒開発⇒テストという順でプロジェクトが進んでいくと思いますが、開発が終わってさあテスト実施という段階で設計もれや設計と実コードの齟齬に初めて気づくことも多いかと思います。もちろん、開発中にこんなインプットはあり得ないとか、こんなアプトプットは出力できないとかの使用考慮漏れに気づくことも。

TDDでは、開発と同時に実際にテストコードでテストを行う(厳密にはテストコード作成⇒実コード作成のサイクルを繰り返す)ことで、よくある「設計⇒コードの間で起きてしまう仕様の齟齬、考慮漏れ」などを開発しながらつぶしてしまうことができます。

詳しくはまた別の機会に書きますが、この手法ではテストコードを作りつつ本コードを作っていくため、テストに必要なアウトプットとインプットを開発する前に具体的に決めてしまうもしくは、開発中に考えながら作業を進めていく必要があります。その為、TDDによる開発を経験すると、「どういう処理か」よりも「どういうインプットに対してどういうアウトプットがあるか」を重点的に考えるようになってきます。

長々と説明しましたが、今回野球に取り入れようというのはTDDの「処理内容ではなく、インプット、アウトプットに重点を置き、テストを繰り返しつつ開発を行う」という考え方になります。

というわけで、第1弾は「バッティング」です。
※おそらく複数回に分けることになります。

「バッティング」に関しては、上からたたけとか、体を開かないとか、最短距離で打つとか、なんとかetcもっともらしい指導がいろいろあります。なので、バッティングをよくしようとしたとき、これらの断片的な(しかも正しいかどうかも不明)理論や、その他自分の感覚などをもとにフォームを作っていき、打って試してみる。

これが、設計(ヒットを打つ、ボールを打つ)⇒開発(スイングしてみて色々と微調整する)⇒テスト・本番(実際に打つ)という感じの通常の開発フローに則った練習方法と言えます。

では、TDD的な練習方法とはどんなものか?
・・・と続けたいところですが、だいぶ長くなりましたので、これについては次回に。

Outlookメール仕分け編(Office365)

システム担当のPIKAです。

BOATRIP inc.では、Office365のOutlookを導入しています。
メールでのやり取りが多いため、メールを仕分けたいなど多くの意見が出ていますので、Outlookで簡単に設定できる仕分けについて書きたいと思います。

 

オプション設定からのメール仕分け設定

右上の設定マーク
スクリーンショット 2015-12-17 1.24.51
を押すとオプションメニューが開きます。

ここで簡単にできる仕分けをご紹介します。

(1)「低優先メール」の設定
[オプション]ー[メール]ー[自動処理]ー[低優先メール]
そもそも、低優先メールって何?ってなる人も多いかと思いますので簡単に解説すると、
受信フォルダに入る前に、
・送信者が誰か
・過去にメールのやり取りをしたことがあるかどうか
・自分が唯一の受信者であるかどうか
・メールの重要度
などをOutlookが解析して自動的に分類してくれる機能です。
迷惑メールフィルターに近い機能と思えば理解しやすいと思います。
Office 365 Business ユーザーであるメンバーからのメールは低優先になることはないので自身のメールの利用状況によって、学習してくれるので大変便利です。
なお、もし「そんな機能いらないよ」ということであれば、低優先メールの設定でオフもできます。

(2)仕分けルール設定(フィルター機能)
[オプション]ー[メール]ー[自動処理]ー[受信トレイと一括処理ルール]
Gmailでいうところのフィルター機能です。
このオプションメニューから受信したメッセージをどのように処理するのか設定できます。
条件の指定は、至って簡単で
・受信したメールへの条件
・アクション(指定フォルダに移動するなど)
・例外
の3つを設定すれば完了です。
いくつも設定が追加できるので、ルールがごちゃごちゃにならないよう各自整理が必要です。

メールの内容を判断した上での仕分け

(1)受信したメール経由での一括処理
受信したメールに表示されるアクションメニュー
スクリーンショット 2015-12-17 1.53.29
を押すとメニューが表示されます。

メニューを開くと、
・○○さん(差出人)からのメールをすべて削除
・低優先メールとして移動
・迷惑メールとしてマーク
といった項目が用意されているので、メール内容を確認した上でどのように処理するか選択も可能です。

また、メールシステムでありがちな、メールの保持についても設定が可能で
・ポリシーの割り当て
からメールに対するアーカイブ期限の設定やメール保持期限の設定(一定期間経過したら削除)も指定できますので、ぜひ利用してください。

 

・・と、ここまでOutlookの仕分け機能について触れましたが、メンバーが言っているのはそもそもメールの送信時のルールを決めて欲しいという事みたいでした。

WHYを徹底的に。

株式会社BOATRIP取締役の大山です。

 

初投稿なのでマジメに書きます。

先日代表から投稿があったとおり、弊社はWEB、スマートフォン等に特化した会社となっています。

ただ商売において、どんな業種であれお客様に良かったと言っていただけるようなサービスやビジネスモデルを提供できるかにかかっていると思っています。

 

“WHY”を追求していきたいし、そうであるべきだと思ってます。

 

 

志を共にしたメンバーが揃っています。

最高のメンバーだと思っています。

 

個人的に

 

 

“感情を動かす”

 

 

サービスなりビジネスをしていきたいと思ってます。

ただ、次回以降はこんなマジメな事は書かないので一気に

 

“キャラ崩れ”

 

しますw

 

 

今後共株式会社BOATRIPをよろしくお願いします。

 

BOATRIP公式ブログ開設しました

株式会社BOATRIPは2013年9月に設立された、デジタル領域に特化した企業です。

これからなの会社なので、まだまだ模索中ではありますが、主には自社サービスとしていくつかのWEBサービスを進めています。ひとつは出版業界に特化したソリューションで、おそらく2016年春にはプレスリリースを出せるのではないかと。

それ以外では、コンシュマー向けのメディア系のサービスもいくつか着手をし始めました。メンバー一同「きたっ!」と思えるアイデアなので、大切に育てていきたいです。

今いるメンバーの経歴を考えても、まずはデジタル領域に特化させていくことになりますが、あまり自分たちで領域を限定したくはないと考えています。楽観的に聞こえるかもしれませんが、「来るもの拒まず、去るもの追わず」です。もちろん事業判断は伴いますが、大切なのはタイミングかなと。その時その時で最適だと思えることに全力で向かっていける柔軟な組織でありたいなと思っています。

ですので、このブログもあえて記事のカテゴリなどは決めていません。必然的にIT系の比重は高くなると思いますが、メンバーそれぞれが思うこと、その時に興味があることを脈絡なく発信していければ、まぁそのうち何となく方向性が出てくるのではないかなぁと。

そして、なにかしらの記事でなにかしらの共感を持っていただける方がいれば、積極的にコミュニケーションを図っているける場にできれば嬉しいです。