マッチングサービス開発・見積もりに対応する会社をお探しなら!費用を抑える方法とは?

マッチングサービス開発時は予算に注意!費用を削減する方法はある?

マッチングサービスの開発に関して、費用面でお困りのケースも多いのではないでしょうか。外注する場合、開発費用は決して安いとはいえません。この記事では、開発にかかるコストを抑える方法について解説するので、ぜひチェックしてみてください。
また、開発に関する知識の一つとして、フレームワークについてもご紹介します。

費用を抑えてマッチングサイトを構築する方法

COSTとハサミ

マッチングサービスの構築および開発を依頼する際、気になるのはその費用ではないでしょうか。
サイトやアプリの開発には、初期投資が一定額必要になりますが、工夫次第で費用を減らすことが可能です。ここでは、マッチングサービスの構築および開発にかかる費用を抑える方法を解説します。

余裕を持った開発期間を設定する

開発までに必要な期間が短ければ短いほど人手が多く必要となり、結果として人件費が予想以上にかかってしまう場合があります。
そのため、余裕を持った開発期間に設定することで開発に必要な人件費を減らすことができます。
また、開発会社に依頼する場合でも期間に余裕を持っておけば、開発費用の交渉がしやすくなる可能性もあります。

開発実績がある会社に依頼する

個人でもマッチングサービスのサイトやアプリを開発することは不可能ではありませんが、一から始めて細部までデザインしようとすると、予想以上に予算がかかる場合があります。
それに比べ、開発実績がある会社であれば、一般的な相場よりも安くなる場合があります。
なぜなら、世の中に存在する多くのマッチングサービスで使用されているシステムの仕組みは類似しており、既存のシステムを活用して開発することが可能だからです。
費用を抑えつつ、スムーズに開発を進めたい場合は、開発実績が豊富な会社に依頼するのもいいかもしれません。

補助金を申請する

いくつかの条件をクリアする必要はありますが、活用できる補助金としては以下のようなものが挙げられます。

  • 事業再構築補助金
  • IT導入補助金
  • ものづくり補助金
  • 小規模事業者持続化補助金

上記以外にも各自治体で申請できる補助金があるので、確認する場合は会社がある地域の自治体に問い合わせましょう。

補助金の対象となれば、最大1,000万円程度の補助を受けられる場合もあります。開発するサービスに活用できる補助金があるかどうか、ぜひご自身でも調べてみてください。

クラウドファンディングを活用する

ネット上で不特定多数の方々から資金調達を行う「クラウドファンディング」を利用すれば、サービス開発の費用を減らすことができます。
クラウドファンディングで資金を集めるには、不特定多数の方々から共感を得るというハードルがあります。しかし、このクラウドファンディングを活用してマッチングサービスを開発した事例があるため、挑戦してみる価値はあるでしょう。
新たにマッチングサービスを開発したい方や開発費用を大幅に抑えたいという方は検討してみてもいいかもしれません。

アプリ開発に用いるReact Native・PHP Laravelを解説

電球のイラスト

アプリ開発を行う際は、アプリの土台として機能させるためのフレームワークが必要になります。
フレームワークを活用することで、目的のアプリをゼロから開発する必要がなく、開発にかかる手間を大きく削減することができます。
こちらでは、様々な種類のフレームワークの中から、「React Native」「PHP Laravel」の2種類について解説します。

React Native

React Nativeは、Facebookが2015年に発表した、アプリ開発用フレームワークです。
WEB技術であるReact(JavaScript)を活用して、iOSとAndroidそれぞれのアプリとWEBを同時に開発するクロスプラットフォーム開発を行うことができます。
JavaScriptがプログラミング言語になるため、JavaScriptのコードを書くことができれば、iOSとAndroid両方とWEBの開発が可能になるのです。
iOSとAndroidのアプリ、WEBを一つの言語で開発できるため、初期の開発コストと開発期間を削減することができます。

PHP Laravel

「PHP」とは、WEB開発に特化したプログラミング言語のことです。テキストベースで開発できるため、初心者にも扱いやすく人気の言語です。ECサイトやSNSなど、様々なシーンで活用されています。
そして「Laravel」とは、PHPのフレームワークの一種です。2011年にリリースされた比較的新しいフレームワークですが、高い人気があり世界中で活用されています。
開発可能なアプリやシステムの幅が広く、WEBアプリケーションの作成に用いられることが多い点が特徴です。

マッチングサービスの開発に対応する会社をお探しなら!見積もり依頼もお気軽に

この記事では、マッチングサービスのサイト制作やアプリ開発をお考えの方へ向けて、開発費用を抑えるための方法や、開発に使用するフレームワークについて解説してきました。
開発にかかる費用が気になる場合は、見積もりを依頼することがおすすめです。

マッチングサービスを提供するサイトやアプリの開発依頼なら、株式会社BOATRIPへご相談ください。
株式会社BOATRIPでは、React Native、PHP Laravelを活用したアプリ開発が可能です。iOS・Android・WEBを同時に開発することが可能なので、コストを抑えつつスピード感のある開発が可能です。
開発を依頼する会社をお探しでしたら、ぜひ株式会社BOATRIPの実績もチェックしてみてください。

アプリ開発・システム開発を依頼する際のお役立ちコラム

マッチングサービスの開発・見積もりを依頼するなら東京の株式会社BOATRIPへ

会社名株式会社 BOATRIP
代表者笹井 英悟
住所〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目2−17 トランスワークス青山
TEL050-3717-9944
MAILinfo@boatrip.jp
URLhttps://boatrip.co.jp/
事業内容
  • WEBサイト制作
  • アプリ開発
  • 業務システム開発
  • オンラインサービス企画/運用
アクセス渋谷駅から徒歩10分 / 表参道駅から徒歩5分
TOP
TOP