マッチングサービスの開発を外注依頼!構築手順を解説

マッチングサービスを提供するサイトの構築手順とは?

マッチングサービスの開発は、株式会社BOATRIPへご依頼ください。マッチングサービスを提供するサイト・アプリの開発に悩んだら、外注するのも一つの方法です。
この記事では、マッチングサービスを提供するサイトの構築手順と、SEO内部施策・レスポンシブデザインの重要性について解説します。

マッチングサービスを提供するサイトの構築手順

資料と人形

マッチングサービスを提供するWEBサイトやアプリなどを構築する場合、一般的に以下の3つのステップが必要になります。それぞれが重要な工程なので、外注に依頼する前にしっかり確認しましょう。

企画とリサーチ

最初の一手は、アイデアを企画化することです。頭の中に生まれたアイデアを企画として目に見えるものにし、ビジネスとして成立するかリサーチします。

具体的には、サービスの内容を明確化し、そのサービスにニーズがあるのかを調べます。また、競合他社を調査しておくことも大切です。

ビジネスモデルの作成

調査した結果、企画にニーズがあり、ビジネスとして成立すると結論が出たら、次はビジネスモデルを作成します。

ビジネスモデルとは、Who(ターゲット)、What(サービス内容)、How(提供の方法)、Why(なぜ利益が発生するか)をはっきりさせることです。しっかり利益が生まれる仕組みを、ここで考えます。

マッチングサイトを構築

最後はサイトの構築です。
ビジネスモデルがしっかりしていれば、必要な機能がはっきりするので、パッケージ開発をベースにカスタマイズするのか、フルスクラッチ開発を行うのか選ぶこともできます。
また、ある程度利益の仕組みから費用面での余裕度もわかるため、バランスをとりながら構築方法を選択していくことも大切です。

SEO内部施策・レスポンシブデザインの重要性

HTMLソース

マッチングサービスを提供するサイトやアプリを開発する場合、意識したいポイントとしてSEO内部施策と、レスポンシブデザインが挙げられます。

SEO内部施策

検索エンジンのアルゴリズムに高い評価をしてもらい、上位表示を目指すために行う施策を指します。
ページ構成やHTMLソースの調整、ディスクリプションの最適化などを行い、上位表示されるようにしてアクセス数の増加を目指します。
Googleなどの検索エンジンは、クローラーというロボットがウェブ上を巡回し、サイトの内容を見て評価をする仕組みになっています。内部施策が不十分だった場合、そもそもクローラーが巡回してこない、サイトの内容が正しく伝わらないという状態になり、検索エンジンによる適切な評価が受けられません。
まずはクローラーの巡回を促し、サイトの内容を検索エンジンへ正しく伝えるためにも、内部施策の実施が重要なのです。

レスポンシブデザイン

近年WEBサイトは、パソコンだけでなくスマホやタブレットから閲覧されることが増えているため、多様なデバイスの画面に合わせたデザインが必要とされています。
レスポンシブデザインは、それぞれのデバイスのデザインを別で作るのではなく、パソコン・スマホ・タブレットといった画面サイズが異なるデバイスに合わせて、ページのレイアウト・デザインが自動で最適化されて表示されるものです。
一つのHTMLファイルで対応できるため、修正や更新が必要になった際も作業の手間が少なくて済みます。
また、従来の方法ではデバイスごとにURLをわける必要がありましたが、レスポンシブデザインであれば一つのURLで済むため、検索エンジンの評価も一つにまとめることができます。その結果、検索順位が上がりやすくなるというメリットもあります。
また、Googleではコンテンツの質を評価する際にスマホサイトを主軸にしているため、自然なレイアウトで表示できるレスポンシブデザインなら、検索順位が上がる可能性が高いといえます。

マッチングサービスを提供するサイト制作やアプリ開発をお考えの際も、SEO内部施策やレスポンシブデザインは重要なポイントとなります。
開発を外注するのであれば、SEO内部施策やレスポンシブデザインに考慮した提案を行ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

マッチングサービスのサイト・アプリ開発は外注依頼を活用しよう!

世の中にはすでにたくさんのマッチングサービスが存在します。そんな中、顧客に利用してもらうためには、ニーズに対してよりクリティカルなサービスにするためにも、外注してプロと一緒に作るのがおすすめです。

マッチングサービスを活用したビジネスをお考えで、サイト制作やアプリ開発を依頼したいという方は、株式会社BOATRIPへご依頼ください。
株式会社BOATRIPでは、サイト制作においてSEO内部施策・レスポンシブデザイン・多言語対応なども行っております。
サイト制作からアプリ開発、システム開発まで一貫して対応することが可能なので、まずはお気軽にご相談ください。

アプリ開発・システム開発を依頼する際のお役立ちコラム

マッチングサービスの開発を外注依頼するなら株式会社BOATRIPへ

会社名株式会社 BOATRIP
代表者笹井 英悟
住所〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目2−17 トランスワークス青山
TEL050-3717-9944
MAILinfo@boatrip.jp
URLhttps://boatrip.co.jp/
事業内容
  • WEBサイト制作
  • アプリ開発
  • 業務システム開発
  • オンラインサービス企画/運用
アクセス渋谷駅から徒歩10分 / 表参道駅から徒歩5分
TOP
TOP