キュレーションメディア騒ぎで思ったこと。

まさに今DeNAが「WELQ」の炎上騒ぎに始まった一連のキュレーションサービスについての記者会見を行っている。

元競合にいた人間としてこの騒ぎは非常に気になっていた。

この炎上については様々なところで語られているのでそこに譲るとして、この会見を見ていて前々から思っていたことが再度湧いてきた。

 

僕ら特有の会話に横文字が非常に多い。

 

周りからもよく言われます。なんでWEB業界の人ってすぐ横文字使うの?って。

一つの理由として

 

意味を曖昧に出来、更にクリーンなイメージがつく。

 

があると思う。

DeNAの記者会見を見ていてもヴァーティカルだのスケールだのって言葉も出てくる。

良い悪いではなくて大きく稼げるって言えばいい。

営利企業なんだから稼いで大きく成長していくのが使命だし。

その辺を前に思ったのは

 

ッチング

 

って言葉が出てきてから上場企業までがマッチングサービスとか言って出会い系サービスを堂々と行っている。

 

だって出会い系って無茶苦茶稼げるもん。

※経験談

 

でもグレーなイメージがつきまとってたから一般企業は手を付けづらかったはず。

それがマッチングって言葉が出てきた途端一気にどこもかしこもやりだした。

何で日本人はこんなに横文字に惑わされるんだろう。

堂々と

 

出会い系で稼いでます!

 

って言えばいいのに。

 

もっと本質を見極める努力が必要だと改めて思った。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)